スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞・春(2012)出走馬近走映像

有馬記念
オルフェーヴルは道中後方から、外目からジワジワ進出して4コーナーでは射程圏内。
外から打ちの馬をねじ伏せて快勝。
トーセンジョーダンは好位から。追って伸びてはいるが末脚勝負で負けている感じ。
ヒルノダムールは直前はトーセンジョーダンの直後から。ちょっと狭くなるシーンあり。
ローズキングダムは最後方から。直線も最後方であまり追ってもいないように見える。

ダイヤモンドS
ケイアイドウソジンがマイペースの逃げで逃げ切り。
ギュスターヴクライは中団から伸びてきて2着。直線で伸びてきたのはこの馬ぐらい。

阪神大賞典
オルフェーヴルは押さえきれず先頭→逸走して最後方→再度追い出して2着。
ギュスターヴクライは中団内目から直線は早めに逃げたナムラクレセントを捉えて先頭。
そのまま押し切った。3着はナムラクレセントの粘りこみ。
ヒルノダムールはオルフェーヴルの内側にいたがあっさり置かれて4着。

日経賞
ウインバリアシオンは大外をまくる形で伸びてくるが、ネコパンチを捉えられず。
ルーラーシップには競り勝った。コスモロビンはウインバリアシオンの後ろを伸びてきたが、
伸び脚は劣り3馬身ほど差をつけられた。

大阪杯
トーセンジョーダンは好スタートから1コーナーで先頭に立ち逃げる形。
スローに落とせたがショウナンマイティの末脚が切れた。
ローズキングダムは中団からジリジリとは来ているが。


スポンサーサイト

マイラーズカップ(2012)近走映像

マイルCS

フィフスペトルは好位の内。その直後にエイシンアポロンがいて、さらに1馬身後方からダノンヨーヨー。
直線前が空いたフィフスペトルが残り200mで抜け出すが、エイシンアポロンがゴール直前で競り落とす。
ダノンヨーヨーは内を狙って前がつまり持ち出すロスが少々あったが、前との差が埋まるほどではない。
リアルインパクトは前は空いているが伸びてこなかった。

東京新聞杯
コスモセンサーは逃げ、直線で突き放すがガルボに芹負け。
ダノンシャークは出遅れて後方から。直線伸びてきたが3着争いまで。

中山記念
重馬場。シルポートは離した逃げ。直線フェデラリストの末脚に屈するが2着に粘る。
リアルインパクトは離れた3着争いを抜け出し3着。
フィフスペトルは離れた2番手で実質逃げるような形。後続にこられてからは粘りが見られず。
ネオサクセスは一瞬いい脚を使ったが、その後の脚色は他馬と同じ。

ダービー卿CT
ネオサクセスは後方からかなり外に出して伸びてくる。ただ斤量は54キロと軽量。
切れるというよりは長くいい脚を使っている。
ミッキードリームは直線ネオサクセスとほぼ同じ位置にいたが、追い比べで置かれてしまう。

皐月賞(2012)参考レース

朝日杯FS

マイネルロブストは最内の中団で我慢し、アルフレードが抜けたコースを通って2着。
アルフレードとは2馬身離されており、恵まれた2着の印象。

ラジオNIKKEI杯2歳S

アダムスピークは内々の好位。グランデッツァも好位の外目を進む。
ゴールドシップは後方からレースを進めるが、3コーナーで一気に先団に上がる。
直線はグランデッツァが先に抜け出すも、外に寄れた所を内からアダムスピークに突かれる。
ゴールドシップは直線で再度目を引く伸びで2着。
トリップはグランデッツァに並びかけるも力負けの感。

共同通信杯

ディープブリランテは押し出される形で逃げる。ゴールドシップは押しながら先行。
直線、ディープブリランテは追い出してから突き放すが、
やや失速したところをゴールドシップの末脚に屈する。
コスモオオゾラはゴールドシップと同じ位置にいたが、ゴールドシップのようには伸びず。

弥生賞

トリップは先行して内から抜け出すが、コスモオオゾラに差される。
コスモオオゾラは先行からいい脚で抜け出した。
トリップは上手く乗られているが最後は止まっている。

スプリングS

重馬場。ディープブリランテは終始係気味に好位追走。グランデッツァは好位の外目。
直線入ってディープブリランテが4コーナーで早めに抜け出すが、グランデッツァが差す。
サトノギャラントの伸び脚は目を引いたが、伸びてきたのは勝負が終わった後。

若葉S

ワールドエースは出遅れて後方。メイショウカドマツが逃げる。
メイショウカドマツは手応えが怪しいながらも2着に粘る。
ワールドエースは4コーナー大外に出し。目を引く伸びで差し切り。

桜花賞(2012)参考レース

エルフィンS

サンシャインは2番手から。直線で前の馬をかわして余裕を持ってゴール。

クイーンC

ヴィルシーナは先行からギリギリまで追い出しを我慢。追い出してからもよく伸びている。
イチオクノホシはヴィルシーナの後ろの馬群の中で、こちらも追い出しを我慢。
先に抜け出された分届かず。
プレノタートは後方外目からジリジリと伸びるが届く勢いはなし。
オメガハートランドもプレタノートとはほとんど差がないが、こちらのジリジリ。

チューリップ賞

ハナズゴールの末脚が目立つ。
エピセアロームは外目を回って早めに先頭。最後は脚色は悪くなったがギリギリ2着。
ジョワドヴィーヴルは内目を間を割って抜け出しにかかるが、外の2頭にかわされ3着。
ジェンティルドンナは4コーナーは最内で回り、外に出そうとして出せず、
また内に入ってさらに外に出してとスムーズさに欠いた。
脚色はよかったのでスムーズなら2着はあったと思われる。

アネモネS

不良馬場。パララサルーは後方を大外を回っていい伸び脚。
マイネエボナは先行して抜け出したが、パララサルーに差された。

フィリーズレビュー

アイムユアーズは早め先頭。ビウイッチアスを競り落としたところがゴール。
プレノタートは大外から目を引く伸び脚。
イチオクノホシは中団から不利なく持ち出せたが期待ほど伸びず。

フラワーC

重馬場。オメガハートランドは後方から大外を回って豪快な伸び。脚色が違った。
メイショウスザンナは内を突いて狭いところを伸びてきた。



 | HOME | 

カウンタ


プロフィール

スカイ2

Author:スカイ2
レースの映像をちゃんと見て馬の実力を判断することが、競馬予想では大事だと思います。近走のレース映像へアクセスしやすいページを作成していきたいと思います。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
その他 (3)
有力馬 (1)
近走映像 (56)
レース回顧 (19)
勝負馬 (10)
次走注目 (2)

フリーエリア


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。