スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念(2012)参考レース

マイルCS
フィフスペトルは先行の内を進み理想的なレース。
リアルインパクトは5着だが、位置取りが悪かった点もあるが特に不利もなし。

鳴尾記念
レッドデイヴィスは休養明けにもかかわらず後方から追い込んで勝利。

阪神C
リアルインパクトは先行するも直線で内に包まれて10着。
あの展開では惨敗もやむなしで、度外視してもよいと思える内容。

有馬記念
レッドデイヴィスは終始外を回る。直線はルーラーシップらに被せられるが、
スタミナも残ってなさそうで下がる。
トゥザグローリーは場群を突いてよく伸びてきた。

中山金杯
4コーナーからダイワファルコンとフェデラリストが追い比べ。
フェデラリストがねじ伏せた。
ただ今回は斤量差が1kgあったが同斤量になるので逆転もあるか。

日経新春杯
トゥザグローリーは中団内を通り、ロスは少ないレース。
58.5kgの斤量でも貫録勝ち。
スポンサーサイト

フェブラリーS(2012)参考レース

南部杯
ハイペースの中、先行したトランセンドがダノンカモンとの追い比べで差し返す。
シルクフォーチュンはハイペースの中追い込んで3着。
エスポワールシチーは逃げたが粘れず。
トランセンドとダノンカモンは強い競馬だが、トランセンドが一枚上手。

武蔵野S
ペースが落ち着いたためかシルクフォーチュンは伸びず。
同様にテスタマッタも後方から。そこそこ伸びてはいる。58キロという不利もあり。
ダノンカモンが先行から粘りこみを狙うが差されて2着。

JCダート
トランセンドがハイペースを逃げて粘る。
ワンダーアキュートは馬群を突いて伸びてきた。
ダノンカモンは終始外を回らされて5着。
テスタマッタはダノンカモンよりさらに外を回る。最後は追っていないように見える。

根岸S
平均ペースだったがシルクフォーチュンが豪快に差し切る。
テスタマッタも伸びてはきているが、シルクの切れに屈する。
ダノンカモンは狭いところに入ってしまった。

平安S
エスポワールシチーは勝たないといけないレースだったが、
前を捉えられず逆に後ろに迫られて2着では物足りない内容。

 | HOME | 

カウンタ


プロフィール

スカイ2

Author:スカイ2
レースの映像をちゃんと見て馬の実力を判断することが、競馬予想では大事だと思います。近走のレース映像へアクセスしやすいページを作成していきたいと思います。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
その他 (3)
有力馬 (1)
近走映像 (56)
レース回顧 (19)
勝負馬 (10)
次走注目 (2)

フリーエリア


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。