スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念(2012)出走馬近走映像

大阪杯
スローペースを好位から進んだフェデラリストが抜け出たところを、
ショウナンマイティが大外から差し切り。
アーネストリーは中団から進むが、切れる足はなくジリジリ。

天皇賞春
ビートブラックは2頭で引き離して逃げる。ウインバリアシオン、オルフェーヴルは後方から。
ウインバリアシオンは伸びてくるが3着まで。オルフェーヴルは4コーナーで外に膨れるが、
それを差し引いても前との差は縮まらず惨敗。

鳴尾記念
アーネストリーは前にいく構えを見せず後方から。
トゥザグローリーは先行して2番手、ショウナンマイティは後方外目を追走し、
4コーナー手前からスパート開始。やや外に膨れる。
トゥザグローリーが抜け出し、ショウナンマイティが追い詰めたところがゴール。
ショウナンマイティの脚が目に付いたが、多頭数の大外で同じレースが出来るか疑問。

スポンサーサイト

安田記念(2012)出走馬近走映像

東京新聞杯
コスモセンサーが逃げ。ガルボは先行集団の内。
サダムパテックは外目を掛かり気味に追走。
コスモセンサーが粘るところを内から進出のガルボが差し切った。


中山記念
シルポートが先手、フィフスペトルは2番手から。直線入り口でシルポートのリードは7馬身。
逃げ込みを図るところをフェデラリストに捕らえられたが、3着リアルインパクトとは4馬身差。


マイラーズC
シルポートが先手を取る。4コーナーで2馬身差を付け、そのまま押し切り。
コスモセンサーも好位集団から粘りこんで3着。
外に出した馬は全く伸びず。グランプリボスは道中も外を回らされている。
エイシンアポロンはラスト1ハロンで脚がとまって惨敗。

京王杯SC
サダムパテックから中団から馬場の中どころに出して追い出し。
追い比べでインプレスウイナーを競り落として1着。
グランプリボスとストロングリターンは最後方に近い位置から大外に持ち出す。
徐々には伸びてくるが4着まで。差しが利かない馬場だったのでしょうがないとも思われるが。

ヴィクトリアマイル
ドナウブルーは2番手追走。直線ホエールキャプチャと並んで前に出るが、
やや外にヨレる。最後は追い詰めたが2着まで。
マルセリーナは後方から馬群を突いて伸びて3着だが、最後は脚色鈍る。
アパパネは中団から進み直線も馬軍から抜け出しを図るが伸びきれず5着。

日本ダービー(2012)有力馬近走映像

毎日杯
重馬場。ヒストリカルは後方から馬群を突くが前が詰まる。
外に出してからは届かなさそうな位置からいい脚を使って粘るマウントシャスタを差しきる。

皐月賞
ゴールドシップは最後方から。各馬外に持ち出す中、
直線はただ一頭内を突いて4コーナーを回った時点でほぼ先頭。そのまま押し切る。
ワールドエースはスタート直後躓く。道中はゴールドシップと同じ位置取り。こちらは大外に回す。
いい脚で伸びてきたが2着まで。
ディープブリランテはやや掛かり気味に好位追走。直線ジリジリ伸びて3着。

京都新聞杯
トーセンホマレボシは前半1000m58.0の速い流れを2番手追走。
直線入って早々に先頭に立ち、そのまま押し切り。
ベールドインパクトは伸びてくるが、前との差は縮まらず2着まで。

青葉賞
フェノーメノは道中中団待機。直線で外に持ち出して、エタンダールとともに伸びてくる。
フェノーメノがエタンダールを競り落として2馬身ほど差をつけてゴール。

NHKマイルC
アルフレードは先行馬群の外。クラレントは後方からレースを進め、直線は外に出す。
勝ったカレンブラックヒルに届きそうな勢いは無いものの、しぶとく伸びてきた。
ジャスタウェイも一応伸びているが、勝負が終わった後。

オークス(2012)出走馬近走映像

桜花賞
ヴィルシーナとアイムユアーズが抜け出すところ、
馬場の中どころからジェンティルドンナが差し切る。ヴィルシーナは差し返して2着。

忘れな草賞
キャトルフィーユは4コーナーで先頭。そのまま押し切り。

フローラS
ミッドサマーフェアは中団から、4コーナーは馬場の中どころを回ってくる。
スローペースの中33.4の脚で差し切り、2馬身半離した。


スイートピーS
ダイワズーム、ココロチラリとも内の好位を進み、内から抜け出す。
ダイワズームが競り落としたところがゴール。

ヴィクトリアマイル(2012)出走馬近走映像

京都牝馬S
クィーンズバーン(52)が逃げるところ、ドナウブルー(52)が捉えて1着。
アスカトップレディ(54)は一瞬いい脚を使うが長続きせず。


中山牝馬S
重馬場。
レディアルバローザ(54)が逃げ、ホエールキャプチャ(55.5)は掛かり気味に2番手から。
レディアルバローザは直線さらに突き放して逃げ切り。
最後方にいたオールザットジャズは目を引く伸びで2着。
マイネイサベル(54)、ホエールキャプチャは止まっているわけではないがゴール前はなだれ込み。


阪神牝馬S
クィーンズバーン(54)が逃げてギリギリ押し切り。
マルセリーナ(56)は直線外に振られるなどフラフラしながらも伸びてきて2着。
フミノイマージン(54)は直線外に持ち出してよく伸びてきた。
アパパネ(56)も徐々には伸びているが差し切る脚はなし。

福島牝馬S
オールザットジャズ(54)は中団から。直線早めに先頭に立って堂々押しきり。
アスカトップレディ(54)のいい脚は一瞬。
マイネイサベル(55)は早めに先頭に並ぶが、徐々に引き離され5着。

 | HOME |  »

カウンタ


プロフィール

Author:スカイ2
レースの映像をちゃんと見て馬の実力を判断することが、競馬予想では大事だと思います。近走のレース映像へアクセスしやすいページを作成していきたいと思います。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
その他 (3)
有力馬 (1)
近走映像 (56)
レース回顧 (19)
勝負馬 (10)
次走注目 (2)

フリーエリア


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。